品質への取り組み

品質マネジメントシステム

当社は経営理念に基づき、業務における品質確保のために、1998年11月に東京事業本部において品質マネジメントシステム(JIS Z 9901)の認証を取得し、以降、2000年1月までに全支店において認証取得いたしました。また、2002年11月に「JIS Q 9001:2000」への全社移行、統一、拡大登録をいたしました。さらに、「JIS Q 9001:2008」への移行に対しては、2009年9月の審査により認証されました。
私たちは、顧客、広くは社会の信頼と満足をより一層高めることを目指して、品質方針に沿って継続的な改善に努めております。

品質方針

私たちは、今後の多様化する社会に向けて、安全・安心と持続的な成長のための基盤整備、良好な環境や美しく魅力ある国土・地域づくりの社会資本整備の一翼を担い、かつ国際的な貢献を果たすため、総合建設コンサルタントとして次の方針を掲げ行動する。

  1. 国内外に良質な社会インフラを提供するという社会的責任と使命を自覚する。
  2. 技術研鑽に努め、常に最高の技術力によるコンサルティング・サービスを提供する。
  3. より高品質のサービスを目指し、品質マネジメントシステムの継続的改善を行う。

2012年4月1日
セントラルコンサルタント株式会社
代表取締役社長
木原 一行