人事担当者メッセージ

 セントラルコンサルタント株式会社の採用情報にアクセスしていただき、ありがとうございます。
 当社は1967年の創業以来、総合建設コンサルタントとして、道路、橋梁、河川、港湾、都市計画など、さまざまな分野の社会資本整備に関する調査、計画、設計、維持修繕の各段階で、高度な技術サービスを提供し貢献してまいりました。また、国内はもとより海外においても、道路・河川・都市・環境など幅広い分野において、調査から計画・設計・施工管理に至る全ての事業プロセスに対応したエンジニアリングサービスを提供しています。
 現在、建設コンサルタント登録13部門、一級建築士事務所、地質調査業、測量業など多岐にわたる業務を行っており、まもなく創立50周年を迎えようとしております。
 近年では、社会資本の老朽化、安全・安心な国土の形成、環境問題や少子化・高齢化、地域社会の活力の低下など、課題が山積しております。そのため、これからの建設コンサルタントは、専門知識と多様化する社会の要請に応えるための幅広い周辺分野の知識が必要となります。
 当社は、「人材を価値ある人財に育成」することにより、「高い技術力を持つ建設コンサルタント」として、これからも社会に貢献していきます。

どんな人材を求めているか

 私たちが皆さんに求めるものは、「誠意」と「熱意」です。建設コンサルタントは、顧客の信頼を得ることが最も大切なことであり、そのためには、皆さんの「誠意」が必要です。
 さらに、プロフェッショナルとして、顧客の信頼を得るために欠かせないことは、仕事に対する情熱や向上心です。プロフェッショナルとしての知識の習得や自らの成長に対する「熱意」が必要なのです。
 学業成績も大切ですが、むしろ入社後の意識の持ち方が重要です。自分の信念をしっかり持ち、目標を設定してそれに向かって向上しようとする強い意思が大切です。
 誠意を持った対応ができれば、顧客も誠意で対応してくれます。熱意をもって仕事に取り組めば、必ず自分も成長できます。「誠意」と「熱意」をもった、そんな人材を求めています。

入社したら

 当社では、「会社は社員とともに成長する」という企業理念に基づき、「人材を価値ある人財に育成」するために各種研修を実践しています。
 入社時には新入社員研修があり、1年後には初年度の成果をレビューし、今後についての希望を聞くことなどを目的としたフォローアップ研修を行っています。キャリア採用者(中途採用者)についても、入社時期を考慮して適宜社員研修を行っています。
 当社は、能力主義を基本にした職能等級制度を取り入れており、等級が上がる毎に階層別研修を実施し、必要な知識の習得と能力開発のための研修を行っています。さらに、専門分野別の技術講習やヒューマンスキル研修などを実施して、社員のスキルアップを支援しています。
 また、各種技術資格の取得に対しても支援しており、特に技術士の資格取得に力を入れています。一次試験から二次試験まで充実した研修プログラムを用意して、技術職員の全員技術士を目指しています。

 自分のやりたい仕事を選択することは、容易かもしれません。しかし、自分が働く職場を決めることは、決して容易ではありません。
 当社は、「人材」を「人財」に育て、仕事の場で自分の成長を確認でき、これを「働きがい」にしていけるような会社を目指しています。
 将来に夢を持ち、私たちと一緒に成長していきましょう。